1人目の妊活

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。

妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。一般的な食事では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売られていますので、こうしたサプリを選べば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も影響があるものと言えば、食事ですよね。妊活を行っているということは、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。赤ちゃんが健やかに育つように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにしてください。

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日当たり0.4mgと発表されています。

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと葉酸不足の心配もあります。

ですのでサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。

不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。ビタミンの一種である葉酸には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。それに、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。
赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって多くの効果が見込めるサプリだという事です。妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしたという訳です。

無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が確認されるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。

ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。
女性のみならず妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。

亜鉛は質の高い精子をつくることを手助けしてくれるという訳です。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

妊活 一人目